非常用発電機事業

非常用発電機事業energy business

非常用発電機事業イメージ

私たちは、主にLPガスや都市ガスなどを使い、
エネルギーを電気に変える構造を日々、研究開発しております。

近年のわが国においては、天候不順や相次ぐ台風、地震等による自然災害が頻発し、予期せぬ脅威に晒され各地で停電が発生しています。
被災地域においてはエネルギー供給の寸断が多発していることから、当社は被災地域内での電力供給は社会的意義が大変に高いと考え、非常用ガス発電機事業をスタートいたしました。

現在、LPガス及び都市ガスを気体燃料とするエンジンを搭載した非常用発電機の開発を進めております。
LPガス及び都市ガスによるエンジン駆動は、ガソリンや軽油と比較して硫黄酸化物(SOx)や粒子状物質(PM)をほとんど排出せず、また、二酸化炭素(CO₂)の排出量も少ないことから、安心・安全、そして地球環境に優しいクリーンなエネルギー供給をご提案してまいります。

非常時の暮らしや命を守るために

災害等によりエネルギー供給が寸断され停電したとき、どのような問題が起こるでしょうか?

暮らしの場面においては、冷蔵庫が使えないため食料の保存もできず、エアコンは当然に使えません。真夏や真冬に停電したとき、涼や暖はどのように取ればよいのでしょうか。
夜間においては、月明りを頼りにすることは、あらゆる事故を招くおそれがあります。
携帯電話機の充電ができなくなることも大きな問題です。わたしたちは携帯電話を持たずして、どのような手段で災害情報を収集、安否の確認をすれば良いのでしょうか。

また、大雨などによる河川の増水は、周辺住民の命を危険に晒します。河川の監視システムの通電が途絶えたとき、その水位は誰がどのようにして確認すれば良いのでしょうか。
当社の非常用発電機は住宅用、河川監視用、自治体用をラインナップしており、もし、ご自宅や地域の避難所、公共施設、学校、病院にこれらの非常用発電機が有れば、どれほどの安心感があるでしょうか。
有事の際に救われる命も在るのではないでしょうか。

当社は大型施設のみの中央集約型ではなく、「分散型電源」として、各ご家庭の暮らしを守る・命を守る非常用発電機をご提案してまいります。
また、近年はIoT化した非常用ガス発電機も着手開発しております。
企業様のご要望に合わせてオリジナルブランド・OEM製品も取り扱っておりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

Translate »